スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男鹿和雄展・東山魁夷館


今日は家族で長野市の信濃美術館と東山魁夷館に行ってきました!

今、本館の信濃美術館では「男鹿和雄展」がやっています。名前を聞いても「誰?」って思う人が多いかもしれませんね。私もそうだったので…。
でも沢山の人が見ているはず。
男鹿さんはトロロの森を描いた人なんです!
ずっとジブリの背景を描いてきた方で、「耳をすませば」の制作終了後はスタジオジブリを退社。今はフリーだそうです。

夏休みという事もあってか、老若男女、本当に沢山の人が見に来ていました。
やっぱり展示はゆっくり見たいものですね…人疲れしてしまいました。
皆やっぱりジブリが好きなんだなぁ^^*

書棚の本の名前とか、看板とか、細部まで凄く丁寧に描き込まれていて、でも温かみがあって…。
サツキとメイの笑い声が聞こえてきそうでした。
キャラクターのセル画を重ねているものもあって、普段こういうアニメの制作過程的なものは見る事が出来ないので貴重な経験でした。
大好きな魔女の宅急便も見れて良かったぁ


東山魁夷館の方は何度も訪れているのですが、一年に一度は行きたくなります。現に行っているかも…。

今回の展示は「白夜の旅」。
スケッチや習作が多く展示されていて、絵が完成するまでの段階を見る事が出来てこれも貴重。感動でした。
久しぶりに大好きな「静唱」や「白馬の森」を見る事が出来て感激でした^^*
しばらくボーっと眺めていたのですが、もう何とも言えない気持になってきます。静かで、永遠を感じさせるような独特の空気が漂っている感じがするんです。


夕方から夜にかけて凄いどしゃ降りでした。
そのおかげで今は空気がひんやりとしていて涼しいので快適です♪

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) あおぞら駅 all rights reserved.
まとめ

プロフィール

くもまち

Author:くもまち
空と雲が大好きです。
最近はけしごむはんこにハマってます。
京都で大学生してます。

最新トラックバック

あなたは

人目の乗客です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。