スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花の咲く明日香村へ

明日香村12


昨日は日帰りで、奈良の明日香村へふらり一人旅してきました。
奈良へ行きたい!とふと思い立ち、色々調べて明日香村に決め、思い立ったら吉日とばかりに行ってきました。

今回は写真かなり多めです><


いや~、良かったです明日香村!まず名前が素敵ですよね^^*あすかって響きが凄く好きです。

近鉄に乗って「橿原神宮前駅」まで行き、そこで赤かめバスの一日乗車券を購入。650円で乗り降りし放題です。
バスの本数は多くないですが、何カ所も行く方はこれを買った方が絶対お得です!

明日香村24


バスに乗ってまずは「飛鳥資料館」で下車。
着いた瞬間がテンションのピークだった気がします(笑)。

明日香村1


資料館は、平日なせいか人も少なくじっくり見て回れたのですが、なんせ考古学に関しての知識が無いのでよくわかりませんでした…。
パネルを読んでも、そこに書いてある用語がよくわからない!誰か説明して~!という状況でした。
土器や遺跡は好きですが、それをもっと楽しむためには知識が必要だと改めて実感しました^^;

でも、土器や装飾品などその時代の文化を目で見て知ることができたので、それは収穫です。
お庭には石像が立っていて、いくつか写真をパチリ。


明日香村2
人かな?


明日香村3
これはたしか亀の石です。


資料館の後は歩いて飛鳥寺へ。
道が分かれている所などには親切にちゃんと道案内の看板が立っているので、迷うことなくすんなり行けました。

明日香村4


飛鳥寺は小さいお寺です。私はこういう小さいお寺の方が、親しみやすくて好きです。

このお寺で有名なのは、ここのご本尊「飛鳥大仏」ですよね。
ここではお坊さんが10分ほど、歴史と飛鳥大仏についてお話をしてくれます。

1401年間もの間、一歩も動く事なくこの場所に立っているそうで、野ざらしになっていた事もあるんだとか。
目と鼻の先ほどの近い距離で見る事ができるので、その存在を間近で感じられますし、修復の傷もよく見えます。歴史を感じますね~。
しかもこの大仏様、撮影OKです。フラッシュをたいて撮影、なんて当たり前のようでした。なんて寛大なお寺…!
鐘を鳴らすのも自由です。時々ボーンという重厚な音が響き渡っていました。


今はのどかな田園風景が魅力的な明日香村ですが、昔はこの場所が都だったんだと思うと、なんだか凄く不思議。でもそこがまた人々を惹きつける魅力の一つなんでしょうね。


飛鳥寺のすぐ近くには、蘇我入鹿の首塚があります。
首塚って聞くとちょっと怖いですね…。
でもポツンと立っているのがなんだか淋し気でもあり、ここに眠っていると考えると重みも感じられます。

明日香村5

この周りも田園風景の広がる景色の良い場所だったので、首塚の近くの道ばたに座ってお昼のおにぎりを食べました。こういう所で食べるのもいいものだなぁ。

明日香村6


でも昨日は雲一つないくらいの良い天気だったので、日差しダイレクトでした。
でももういい!紫外線よかかってこい!くらいの意気込みで、汗をかきながらの明日香散策でした。


その後はバスに乗り、念願の「石舞台」へ。

明日香村8


大人250円です。正直、250円は高い気が…。
石舞台の外見だけ見たいなら、払わずとも見る事ができます。ちょっと坂の上へ行けばよく見れるんじゃないかな…?
でも私的には中の方が感動でした。外見よりも中は広かったです。

明日香村10


暑くて汗ダラダラだったのですが、中は空気がひんやりとしていて涼しく、入るとスーっと汗がひいて気持ち良い空間でした。

春はきっと桜がキレイなんだろうなぁ。
石舞台は古墳ですが、私は古墳というともっと小さい石を積み上げたイメージがあったので、石舞台のような古墳は新鮮でした。(古墳が新鮮ってオカシイ表現かな…)
総重量は約2300トン!驚きですね。よく作ったなぁ。

ちなみに石舞台という名前の由来は、その形状の他に「昔狐が女性に化けて石の上で舞を見せた話や、この地にやって来た旅芸人が舞台がなかったので仕方なくこの大石を舞台に演じた」という話があるそうです。
私的には狐が女性に化けて舞を見せた説が昔話っぽくて好きです^^*月夜に舞を踊ったら絶対素敵だろうなぁ。


石舞台の向いにあるお店で、古代米ソフトクリームを食べました。これ、すんごく美味しいです!

明日香村11

黒いつぶつぶは古代米。
甘ったるくなく、優しい甘みで口当たりがいいです。オススメです!


最後に、石舞台から今度は金かめバス(運賃100円!)に乗って、稲渕の棚田へ向かいました。

明日香村16


棚田、本っっ当にキレイでした!感動!!
今、稲渕の案山子ロードでは案山子コンテストをやっているそうで、今年のテーマ「にっこり」で制作された沢山の案山子が立って(座って)いて賑やかでした。
皆にっこり。それにつられてこちらもにっこりです^^*

明日香村13


皆さん本当に上手に作ってあって、中にはビッグサイズの大黒様までいました。良い事ありそう…!

明日香村15


話題のせんとくんも。このせんとくんはスタイルが良いなぁ。

明日香村17



彼岸花もたくさん。枯れ始めてそろそろ見頃も終わりですが、稲渕の棚田の彼岸花はまだ鮮やかな赤さのものが多く、見事な景色でした。
驚いたのが、彼岸花の色。私は赤一色だけだと思っていたのですが、いくつも色があるんですね!

まずは通常の赤。
明日香村18

次は白。
明日香村7

そしてピンク。
明日香村9


そして黄色もありました!
明日香村19

こんなに色々あったんですね~。



棚田も、日差しを浴びてキラキラと輝いていました。

明日香村23

明日香村22

明日香村21


日本の棚田百選に選ばれている棚田なだけあります。日本の原風景と言われるのがよくわかります。ここで育っていなくても、なんだか懐かしい気持ちになります。
いつまでも残っていてほしい!と心から感じました。というより、残していくべき場所ですね!

でも、平日といえども観光客は多くて、正直違和感はありました^^;
それくらい、この場所は魅力的って事ですよね。
考えてみたら、村がこれだけ賑わっているって凄いことですよね!
村や町がどんどん合併していく中で、明日香村は合併せずに村として頑張っているわけですから、やっぱり凄いです。見所も豊富ですし♪


じっくり見てたっぷり癒された後、帰りのバスを待っている時に、大阪のおじさん(60歳くらい?)と仲良くなってしばらく世間話をしていたんですが、駅に着いた時に、方向が途中まで一緒だからと帰りの特急券を買ってくださったんです!な、なんて良い人なんでしょう…!

ササっと買って渡してくださって、ああいう事をさり気なくできる大人って素敵だなぁって心から思いました。
最後までお互いの名前も知りませんでしたが^^;
お年寄りが多い中で、若い人がしかも一人で来ているのが珍しいみたいでした。
たしかに若い人はあまり見掛けなかったかな…。特に棚田は年配の方がほとんどでした。棚田あんなにキレイなのになぁ。

そのおじさんのおかげで、30分も早く帰れた上、車内はゆったり快適でした^^*感謝感謝です。




奈良へ行くのは初めてだったのですが、行って本当に良かったです。それにしても9月も下旬なのに暑かった…歩いて汗たっぷりかいてきました。


田園風景に癒され、お寺や古墳で歴史を感じ、一日巡っただけでもかなり充実な旅でした。
また行きたいです、明日香村!とっても素敵な場所でした^^*


明日香村25


こんな長い日記をここまで読んでくださった方々、ありがとうござます!!><



スポンサーサイト

comment

いいですねー!

奈良ぶらり一人旅、とっても素敵な写真に癒されました。
見てる内に一緒に旅をしているような感覚になりましたよー。
奈良は行ったことがないので、とっても楽しませてもらいました。
ありがとうございます!
私ものんびり一人旅したいなぁ。

mami_neko さん


ありがとうございます!!^^*
そんな風に感じて頂けて凄く嬉しいです>▽<*

同じ関西ですし、mami_nekoさんも是非奈良へ行ってみてください♪
聞いた話では、可愛い雑貨屋さんも沢山あるみたいですよ~。
次は街の方にも行ってみたいなぁと思ってます。

私は一人旅とか普段しないんですけど(方向音痴だったりするので…)、たまには一人で見知らぬ土地に行くのも楽しいものですね♪
mami_nekoもお暇ができたらふらりと一人旅してください^^*

いいところですね!

こんにちは。
明日香村ってすごくいいところなんですね。
日本の田園風景って素晴らしいです。
素敵な場所ですね~。
心もからだも癒される旅ですね。行きたい!!
  • ムーミンパマ
  • [URL]
  • [edit]

ムーミンパマ さん


こんにちは~!

私の拙い文と写真でも明日香村の良さが伝わって嬉しいです^^*
本当、田園風景はずっと見ていても飽きないくらい、時間ごとに表情も変わって美しいですよね。
日本が誇る景色ですよね!

明日香村はバスもあるしレンタル自転車も沢山あるので、サイクリングをしながら景色を楽しむ事もできますよ♪
休日は人が多いと思うので、絶対平日をお勧めします!
是非いつか行ってみてください^^*

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) あおぞら駅 all rights reserved.
まとめ

プロフィール

くもまち

Author:くもまち
空と雲が大好きです。
最近はけしごむはんこにハマってます。
京都で大学生してます。

最新トラックバック

あなたは

人目の乗客です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。